オーストラリア 観光情報 タスマニア州 ・・・ 個人ホームページ tas21.COM
スペース
 
タスマニア州政府観光局の公式HPへ トップページへ
タスマニア地図
スペース
booking.comの宿予約
スペース スペース
 大自然のセーフティー
 
旅の安全・自然保護
南十字星と星空
国立公園(NP)
樹木と高山植物
野生動物
湖&フィッシング

大自然のセーフティ
森の天敵(火事・菌)

タスマニアは地球上で最も素晴らしいブッシュウォーキング・ルートの数々があります。ウォーキング・トラックは人里離れた海岸線沿い、過去には氷河に囲まれていたと感じさせる高原地帯、古代から引き続いている多雨林地帯の原生林の中、そして広大に続く湾岸部の絶壁のすぐ淵にあります。
この島のブッシュウォーキングは皆さんに冒険心とチャレンジ精神をしばし呼び覚ますことでしょう。しかし、1つ念頭にいれることは、皆さんは適切に旅行の計画をして準備をする必要があることです。

大部分のタスマニアのブッシュウォーキング・ルートは原生林地帯にあり、住居や道路から遠く離れた場所でキャンプをして夜を過ごすこともできます。しかし、もし緊急救助が必要なことが出てきましたら、担当の者と連絡を取るのが非常に難しい場所なのも事実でしょう。救助隊は遭難者にすぐに近づけないこともあるはずです。大切な事は、皆様自身が新しく踏み入れる地でトラブル回避ができるよう、安全対策をする必要があります。

情報収集はhttp://www.parks.tas.gov.au にて。
タスマニア州政府のサイトでブッシュウォーキング、国立公園、野生動物、キャンプ場とあらゆる情報が記載されています。
Shop - Parks & Wildlife services( http://shop.parks.tas.gov.au/ )では、地図、トレッキング・ルートの解説書、そしてDVDを販売。出発前に購入し、日本国内でも確かな事前準備ができます。

実際にトレッキングをした日本人の方々の情報は旅行ブログ「4トラベル」にて。
どの方の情報も非常にイメージが掴み易いです。そして、個人、個人の趣味趣向をタスマニア旅行で満喫されています。4トラベル、tas21.COMお気に入りに、情報を集めて整理したいと思っています。是非、ご覧下さい。

タスマニア州政府(Department of Environment, Parks, Heritage and the Arts)でブッシュウォーキング・ガイドのPDF、「Before You Walk」を制作しています。以下はその中の情報を参考にして書いています。

トレッキングの心構えとしては・・・・

・自分の体力と経験に添った安全なトレッキング
・適切な服装や持ち物、ルート・マップを準備
・単独では歩かない。3人以上のパーティーが好ましい。
・第三者にルート計画を伝えておく
・ログ・ブックに記録を残す

四季によってタスマニアの国立公園はこのような感じです・・・

夏(12月〜2月)
温かい気候が期待でき、30℃ぐらいになることも。天気が良い時期です。
観光・ドレッキングシーズンで年で1番混み合います。が、日本の行楽地に比べればガラガラです。きっと「空いてる!!」と感じるでしょう
しかし、高山地区では年中天気が代わりやすいので「晴天」「風邪」「雨」「雪」の用意をする必要がいつもあります。

秋(3月〜5月)
紅葉がはじまります。例年、4月25日のAnzac Day(祝日)ごろから徐々に葉が色づきはじめます。丁度、ゴールデンウィーク頃ですね?南極ブナ(ファガス)が山をオレンジ色に染め上げます。クレイドルMt国立公園,Mフィールド国立公園、オーバーランドトラックは南極ブナの紅葉の見所スポットです。

冬(6月〜8月)
寒い時期です。まれに天気がよくなりますが、早朝から朝にかけてが多いです。温かい服装を用意して下さい。Central Highlands(中央高原地帯)は雪が深く振りますので、ウォーキングが非常に困難になります。

春(9月〜11月)
冷たい風が吹き、にわか雨がある季節です。川の水位は上昇しますので気をつけて下さい。

 

ブッシュウォーキング・ガイド

「Before You Walk」
Tasmania
Parks & Wildlife Service


















tas21.COMについて広告記載についてサイトマップ | リンク集

Copyright(C) 1999-2015 tas21.COM All Rights Reserved.
Copyright(C) photo by Tourism Tasmania All Rights Reserved.