2018年夏休みの短期留学

2週間から6週間まで選べます!

対象:中1~高2
HIGH SCHOOL (Y7-10)

キングストン・ハイスクール バディ・システムで、タスマニア生のお友達が短期留学をサポートしてくれる短期留学☆

対象:高校生
COLLEGE (Year11/12)

ニューステッド・カレッジ ESL(留学生の英語コース)に参加。本場の英語を体験して、未来の夢に備えよう☆
高校1・2年生は、バディ・システムがあるハイスクールに短期留学をするか、留学カウンセリングにて検討します。
2週間コース
  1. 7/23(mon)-8/03(fri)
  2. 7/30(mon)-8/10(fri)
  3. 8/06(mon)-8/17(fri)
  4. 8/13(mon)-8/24(fri)
3週間コース
  1. 7/23(mon)-8/10(fri)
  2. 7/30(mon)-8/17(fri)
  3. 8/06(mon)-8/24(fri)
4週間コース
  1. 7/23(mon)-8/17(fri)
  2. 7/30(mon)-8/24(fri)
5週間コース
  1. 7/23(mon)-8/24(fri)
  2. 7/30(mon)-8/31(fri)
6週間コース
  1. 7/23(mon)-8/31(fri)

夏休み短期留学の費用

ハイスクールの留学費用
費用内容 2週間 3週間 4週間
事務費 A$50 A$50 A$50
プレスメント A$200 A$200 A$200
授業料 A$600 A$900 A$1,200
ホームスティ A$600 A$900 A$1,200
ETAビザ A$20 A$20 A$20
サポート費用 \30,000 \30,000 \30,000
合計(約) \162,300 \216,300 \270,300
カレッジの留学費用
費用内容 2週間 3週間 4週間
事務費 A$50 A$50 A$50
プレスメント A$200 A$200 A$200
授業料 A$700 A$1,050 A$1,400
ホームスティ A$600 A$900 A$1,200
ETAビザ A$20 A$20 A$20
サポート費用 \30,000 \30,000 \30,000
合計(約) \173,300 \229,800 \288,300

※交通費(航空運賃)、おこづかいは含まれておりません。

※A$1=\90(2017.09中旬現在)で計算しています。

公立学校で夏休み短期留学

  • タスマニア生と一緒に通常授業を受講

    高校留学には非常に珍しく、現地州立学校の中で2週間過ごせる短期留学コース。短期留学生もESL(留学生英語クラス)に参加します。通常の短期留学は週20時間ですが、タスマニアの短期留学は1.5倍の授業を受講することが可能。現地の同世代がどんな様子で勉強をしてるのか体験できるのは非常に貴重です。

    本場の英語は、映画みたいにペラペラと話す人々ばかり。これから英語を体得していく上で、国際社会で通用する英語を視野に入れて学べる機会を持つ事は非常に貴重な体験になります。日本で英語教育を受けているだけでは、英語圏ならではの言葉の使い方を体得できないのも事実。学問の英語ではなく、使える英語を目指す場合は留学が最適です。
    英語が大好きな中高生、英文科に進学したい中高生、将来もう少し長い留学を考えてる中高生に最適です。本場を知る事で、この先に学ぶべき目標が明確になります。

  • 得意な科目や好きな科目をお伝え下さい。

    興味のある科目に参加できるよう手配を致します。試験やカリキュラム上の都合で参加が難しい場合があるのをご了承下さい。留学生の様子を見て、希望クラスの見学や参加ができるよう、留学する学校の留学カウンセラーにお伝えしておきます。

公立学校で夏休み短期留学

  • 最適な学校を選びます

    出願後に届く『入学のご案内』にて最も最適な学校をお知らせします。「○○○ハイスクールに行きたい!」と要望がある場合はもちろん賜り、留学許可を頂きます。日本人留学生の数、全体の短期留学生の受け入れ人数、興味ある科目に入りやすい学校等、良いホストファミリーに空きがある等、細かな特徴は組織内で働いている者しか全てを把握できないことがございます。現地にお任せし、学校が内定した後に留学地を丁寧にご説明させて頂く方針でしています。

短期留学コース詳細

  • コース内容
    1. コース期間: 公立高校留学 2週間(月~金)
    2. 授業時間: 8:45頃~15:00頃 週30時間程度
    3. 価格的特徴: 安価で授業数が多い
    4. 受講クラス: 通常クラスとESL(留学生英語コース)
    5. 対象者: 中学2年生~高校3年生
    6. 空港内渡豪サポート: 有り(無料、又は有料)
    7. 週末の過ごし方: ホストファミリーと過ごす
    8. ビザ種類: ETAビザ(観光ビザ)
    9. 通学方法: スクールバス
    10. 購買/学食: 有り
    11. 留学する場所: タスマニア州の州都ホバート、ローンセストン、デボンポート
    12. 留学する学校:Taroona HS, Clarence HS, Prospect HS, Queech HS, Hobart College, Launceston College 等
    13. ホームスティ費に含まれるもの
    14. 滞在先: ホームスティ(州教育省の審査済) 通学30分以内
    15. 食事: 滞在中、全食付き 個室
    16. 空港出迎えと見送り: 有り(無料)
    17. 授業料に含まれるもの
    18. 留学生アドバイザー: 学校内
    19. 留学生用英語コース(ESL): 有り(一部を除く)
    20. サポート: 24時間緊急連絡サービス
    21. 現地日本人: 有り(教育省内 ホバート)
    22. 治安: 良い
    23. 物価: 日本並み(未成年が好む軽食/飲み物は高め)
    24. 日本人留学生: 0~2名

サポート費の種類

  • 授業開始日の3ケ月前まではライト・サポート費が適応。1月頃より夏休み短期留学の出願を受け付けています。留学開始日までゆったりと準備し、万全の準備をして実りある2週間を築き上げていきます。
    早割申込: \30,000-のライト・サポート費
  • 「早割り」以降は航空チケットの入手が難しくなります。早割り以降は航空券や授業料の支払いを一任させて頂く方法です。尚、保護者の方が渡航手続きに詳しい場合は早割り申込みで承ります。
    最終出願: \70,000-のサポート費

サポート費の割引

近年、親御様が留学経験であったり、海外旅行経験数が多い御家族もいらっしゃいます。又、親御さんが英文科卒の方も。逆にフル・サポートがない方が御家族で楽しめそうと感じるケースがあります。中には御家族がすでにタスマニアで留学されているケースも。

そのような場合はサポート費を世間の主婦パート程度で算出し、割引きする可能性があります。2018年度春休み短期留学を参考に変更予定です。(2017.09.11)