演劇、美術、音楽、商業、体育、コンピューター等、オーストラリアはYear7から専門課程を選択。

資格の取得

サーティフィケート(Certificate)は修了証明をする資格。オーストラリアは義務教育からCertificateを取得でき、カレッジや専門学校で引き続き学習ができます。

Learn More
大学の編入

認定専門学校から大学編入が可能。専攻科目によっては、先に専門学校に行ってから大学へ進学するように予め設定されてます。日本より編入制度が盛んで人気です。

Learn More
TasTAFE

タスマニアは州立TasTAFEがある。何度も政府から表彰されている、質の高い教育水準を保ち続けているのでタスマニアでは非常に人気が高い教育機関です。

Learn More
Curriculum

カレッジからTasTAFEに連動している科目のご紹介。サーティフィケートはオーストラリア全土の認定専門学校とも連動している国家資格だから、専門学校は大都会へ?。

Learn More

オーストラリアは、義務教育からスペシャリスト育成の指導が開始しています。

調理、美術、演奏など、専門性の高い科目を義務教育から学べる。実力を身に付け、資格取得を目指す留学生に人気。

例えば優秀なITプログラマーになりたいと考えていたら、大学から就学するのを待つのではなく、義務教育期間のハイスクールからでもコース選択することができます。中級や上級手前までハイスクールやカレッジで体得を修了し、カレッジ修了時にプロ養成の学習へスムーズに意向していきます。海外大学進学希望の留学生が多いですが、VET課程を選択した生徒は、社会で実力を遺憾無く発揮しています。

日本人は指示に明確に従うのを得意とし、応用や実践が非常に弱い国民です。鬼のように黙って仕事を進める長所はありますがw、働く社会で応用力や発想が乏しいのが欠点。欧米で単独で判断して仕事を完結させていける人材が多いのは、専修課程教育が中学生から開始しているから。

私が知ってる、オーストラリアで大活躍している日本人の方々。なぜだかどうして、VETで通学した学歴があったりするんですよ☆人の力を借りずに英語が読める日本人は、VETがとても魅力的で学びたいと感じることができます。徐々にVETが魅力的に見えたら、英語が分かって来た証拠かもしれません。自身の進路や希望職種に該当しないケースはありますが、とても効率的で実践力を身に付けれる指導方法です。

VET - Vocational Education Training

ハイスクールとカレッジでは、Certificate IからAdvanced Diplomaまでの修了資格(VET Certificate)を得ることができます。Advanced Diploma修了は短大・大学の2年生レベルだから、かなり難しい。オーストラリアは学年の飛び級はありませんが、授業レベルを飛び級するシステムです。高校生でも短大/大学生レベルの就学が可能です。VETの資格はオーストラリア政府教育省が認定しているので、国際的に通じる修了資格なのも非常に魅力的です。

TQA(Tasmanian Qualifications Authority)というタスマニアの公的機関がVET修了資格(Vet Certificate)の方針や試験を作っています。

正規留学実施校:
オグルビーハイスクール

修了は合格なの?

合格と同じ事を示しています。

修了も合格も結果的には同じ意味です。修了は授業を受けた後に、テストをします。基準点に達したら授業を正しく受けたいた証明として『修了』と言います。『合格』は授業を受けても受けなくても合格するものですが、『修了』は授業を受けている雰囲気が出てくる表現です。尚、修了証書は英語で"Certificate"と言います。