VET修了資格でオーストラリアの大学へ編入

    海外留学は中退・退学が多くて厳しいから、編入方式が堅実です。

    オーストラリアでカレッジ卒業後すぐに大学に行く生徒は日本より少ないですが、生涯のうちに大学へ通学する方は日本の大卒者比率を軽々と超える国です。大学に憧れを持つのは世界共通ですが、オーストラリアは当然のように専門学校に行く若者が非常に多いです。

    オーストラリアでは、大学進学を視野に入れている場合でも、専門学校に入ってから編入できるコースが最適でしたら、カレッジ卒業後の進路は専門学校もご案内するカウンセリングが必要です。専門学校から大学編入する学科は、旅行業、経営、保育等が該当します。

    専修学校入学時点より編入の計画を

    専門分野で働ける人材を育成するオーストラリア教育

    例えば、州立専門学校のTasTAFEでITのDiplomaやAdvanced Diplomaを修了すると、国立タスマニア大学の情報処理学部(Bachelor of Infomation Systems)やコンピューター学部に編入できます。4年間で修了しますが、その時には実技能力(専門学校卒)と論理性(大学卒)を持った人間とみなされるので、就職に最も有利になる人材として評価されます。

カレッジ生が大学に通う

オーストラリアの大学編入に沿ったカリキュラム

VETコースの多くはタスマニア大学編入を視野に入れて設定されているコースがあります。高校留学中より、タスマニア大学と連携を取ったプログラムや活動が授業に入ることがあります。Year12の修了までカレッジに在籍しますが、該当VET科目のみ市内にあるVETキャンパスへ通ったりするでしょう。

  • 言語、美術、芸術のエリア
  • 成績が優秀、奨学生の場合
  • 音楽で優れた実力がある者 等

タスマニア大学