VETプログラムはレベルに合わせた修了資格が取れる

    日本と同じように国家資格もオーストラリアは存在します。日本の資格表現の特徴として、1級、2級と表現する資格試験が多いです。例えば英検も2級や準2級に合格する検定試験です。オーストラリアは一定難度の授業を正しく認識できた証拠として修了書(Certificate)が与えられる教育スタイルです。

    オーストラリアのCertificateは国際的に通じる修了資格です。英検3級を持っていても就職活動に有利にならないのと同じで、Certificate IIIでは働く社会で自信満々の顔をする人はそんなにいないです。しかし、CertificateIIIを中学3年生で修了すると「真面目に勉強をしていた証」の+αを得ることができます。Year10の義務教育を卒業する時に、何か1つ修了しておくのも理想的な高校留学です。

    高校留学中でも資格取得が可能

    サーティフィケート(Certificate)のレベルは?

    修了資格は社会人のみならず、学生が修了しやすいように難度設定ができています。カレッジでは、Certificate I、II、III、IVコースを用意しています。又、義務教育のハイスクールでCertificate IIIコースをすでに修了した場合は、カレッジのYear11でCietificate IV を受講します。すると、Year12ではDiplomaコースを受講する事になるんです。

      サーティフィケートが取得できる学年と難度
    • Year09(中3)- 専門学校生 Certificate I 入門:5級相当
    • Year09(中3)- 専門学校生 Certificate II 基礎:4級相当
    • Year10(高1)- 専門学校生 Certificate III 認識:3級相当
    • Year11(高2)- 専門学校生 Certificate IV 実践準備:準2級相当
    •   ----------------
      ▼専門学校、および大学レベル
    • Year11(高2)- 専門学校生 Diploma 実践:2級相当
    • Year12(高3)- 専門学校生 Advanced Diploma 応用:準1級相当

成功する高校留学のスパイス

VETプログラムは、高校留学にピリッとした魅力を味付けします。

例えば、ほとんどの留学生にとって科目の社会は”授業の題材が何なのか分からない”です。オーストラリア社会をまだ分からないのが原因です。タスマニアの学校によっては、留学生にはまだ高度すぎる授業をダイナミックに『じゃ、社会は今は受けんでよし。他を探そう(笑)』と先生が判断して下さいます。そんな時は、スダディーアブロード(アカデミック準備コース)の留学生がVETコースのCertificate IやCertificate IIをする事もあるでしょう。

日本は学年で生徒みんなが受ける授業が一緒で、ほんの少しだけ選択科目があります。オーストラリアは選択科目やレベル別が日本より多いです。

VETコース