カレッジ卒業後に専門学校進学

    カレッジでVET課程を受講していなくても、高校留学生は専門学校への入学がもちろん可能です。留学生が専門学校に入学する場合、通常は英語資格を必要とされます。しかし、カレッジ卒業生で2年近くの留学歴とオーストラリアでの高校卒業資格があれば、英語資格が免除されることがあります。態々、新しい留学生が必須の試験(IELTS)を受ける必要がないケースがあるので、各カレッジの先生にアドバイスを頂いて下さい。条件や規定は入学したいコースにもよります。

    地域密着型のTasTAFE

    オーストラリアの専門学校と言えば、まずはTAFE(テーフ)の事。

    タスマニア州ではスキルアップを考える時、州立TasTAFE(タステーフ)に通学して修了証書Certificateを取得します。TAFEはオーストラリアの州立専門学校の名前です。どこの州にもTAFEがあります。

    日本には社会人が習える公共機関があまり存在しません。例えば、英会話を習いたかったら英会話学校を運営している会社に通学するのが普通です。オーストラリアでは州立TAFEや国立大学に行って自らのブラッシュアップをする国なんです。教育システムが日本と全然違いますよね。地元に密着すればするほど、TasTAFEが地元で高い評価を受けていると感じることでしょう。タスマニアの皆さんは学生時代や社会人になってから1度はTAFEやVETコースにお世話になってると言っても良いぐらいです。

    自分がどう進学するにしろ、町の人と日本人留学生として何気ない会話をする時「オーストラリアにはTAFEという素晴らしい教育システムがあるらしい」と話題にしても良いですよ。 TAFEを知ることは、オーストラリア通になってく遠龍門です。

日本の専門学校に似ています

授業そのものは日本の専門学校がしているシステムと似ています。

TasTAFEはタスマニア中に20のキャンパスを持っており、サービス業専門の校舎やビジネスや卓上で学ぶための校舎、美術系の校舎等と分かれております。大学生と兼用で利用している校舎もあり、交流する機会もあるんです。高校留学でご案内する、ホバートとローンセストンに多くの校舎があるからカレッジ在学中に進学の下調べするのに非常に便利です。

アウトドアエドゥケーション