必要な時にご連絡下さい

  • サポートが必要な時

    随時対応をしています。サポートが必要な内容は、全員が違います。辛い事ばかりでなく、嬉しい事にも時にサポートが必要だったり。サポートとは言うのが不適切なほど、私も一緒にご家族と報告を楽しんでいる事もあります。

    自慢話(?)や成功している場合は、意外と他人様には大喜びで言いにくくありませんか?成績優秀で褒められたり、賞状を沢山持って帰って来た時は、ぜひとも御連絡下さい。とってもとっても聴きたくって、私も一緒に喜びたいんです!!。

  • 私からもご様子をお伺いします

    留学開始時の1ケ月は頻繁に留学生へご連絡致します。タスマニア側から留学代理店の私に求める事は「徹底した準備」です。若い留学生といえども、tas21生はある程度の教育システムを把握しているので、学校では説明がスムーズに運ぶ留学生です。マナーも良いですから「優秀」と判断されます。又、特別にしてくれた配慮も、どれだけ特別なのかも理解しており”当然”と誤解しないのも大切でしょう。

    学校からは何かありましたら引き続き連絡が入りますし、留学が修了するまで留学サポーを続けております。

ガーディアンは”足長おじさん”

  • 安心できる環境

    ガーディアン(現地保護者)が教育機関の関係者になってるタスマニア州です。校長先生や功績がある方々が留学生をお預かりしています。留学生に日本語サポートが必要な場合、ガーディアンが個人的に親しい方々にお願いして留学生活を守っています。学校が日本語を話せるサポートスタッフで対応する事もあります。日本語教師がいる学校が多いのでご安心下さい。複数の人間が留学生活を見守っています。タスマニア州のガーディアンは『代表者』といった感じです。

  • ガーディアンは足長おじさん✩

    ガーディアンの指示なしに、周りの教育関係者がサポートをしております。1人の留学生が安心して留学を終えるに相応しい方がガーディアンになります。

    有難いことに無料でガーディアンになって頂けるので、留学費の削減が年間20万円~50万円ほど可能です。

留学生サポートの熟練者が身近に

  • 足長おじさんシステムを続けてます

    大人たちが国際的な交流をとても楽しんでるような印象を受けます。最初の半年は留学生は非常に苦労しますが、その後の上達を見ると、身近な大人が夢を与えてもらえる程、元気に留学生活を謳歌しはじめます。2年目は安心して留学を見守ることができるでしょう。現地子供達はもちろん海外に全然興味がない子もいますが、日本が超大好きな子もいます。地元タスマニア人に助けてもらって、外国人流の助け方を学び、将来は外国人を助けれる人材になって頂ければと願っています。

お母様が身体を壊さないよう・・・

  • タスマニアへ旅行はどうでしょう?

    留学生は頑張って暮らせれていても、実はお母様が心配しすぎて先に身体を壊してしまう事が多いのも事実です。前向きな返事ばかり来ず、留学生が落ち込んでる時もあります。心配で心配で仕方なかったら、タスマニア旅行でお子様に会いに行くことをお薦めします。留学地として申し分ない環境をご覧頂ければ、穏やかに留学を見守ることができるでしょう。インターネット情報を検索すると、様々な留学トラブルの実情を知ることができます。感情が高ぶって収まらない時に、留学の不服を勢いで殴り書きしているような情報も多くあります。タスマニアを訪問した親御さんは、インターネットで見る情報からの先入観を取り除いて、的確な判断を冷静にされていらっしゃいます。

    留学の大変さを誰かにぼやきたい事も、誰でも時にあります。親御さんに「ポロッ・・・」っと一言だけ愚痴っただけでも、心配は100倍ぐらい膨れ上がり、話が大きくなってしまう事があります。加減が大事で、家族のいつものコミニケーションで留学生がお話してる場合もあります。出来るだけ気楽に、良い事も悪い事もお話ができると良いでしょう。

    又、留学生も辛い事ばかり、物が欲しい時にばかり連絡するのでなく、嬉しい事があったら日本の家族に必ず連絡しましょう。そうしないと、日本の家族が凄く疲れて長期留学を支えれなくなってしまいますから。

    私立のボーディングスクール(寄宿校)はアパートタイプの宿泊施設を持っており、いつでも訪問することができます。学校がお待ちしているそうです。

タスマニアの海