何を持って行ったら良いんだろう??

  • 長期留学はスーツケース1つでは揃えれない

    旅行や短期留学でないと、スーツケース1つで生活の全てを用意するのは無理があります。日本から郵送することになるでしょう。日本製の質が良いので、留学生はオーストラリアで衣類の買い物はあまりしない傾向にあります。又、売ってる下着もサイズが大きかったりします。留学開始時に精神的に安定できるか心配な場合は、衣類や下着等で身に付けるものを慣れた肌触りの製品を与えると落ち着きやすいです。

  • 体験・短期留学はスーツケース+手荷物でまとめよう!

    2週間~3週間の留学は、海外旅行の用意と同じぐらい。衣類は似たような服を何枚も持って行くより、重ね着ができるスタイルがベストです。リゾート地へ遊びに行くような余所行きばかり持って行くと、自然が多いタスマニアではかなり動きにくいです。

    例えば遊園地で走ったり、跳んだり、ひっくり返って遊んでいいような、元気に活動できる服装がベストです。ディズニーランドに行く格好より、富士急ハイランドや三重県の長島スパーランド、九州のスペースワールドに行くような格好が良いでしょう。(遊園地はタスマニアにないです)。又は富士山に登る程の用意はなくても、岐阜の伊吹山(1,377m)や長野の白樺湖や軽井沢でハイキングやサイクリンをするような、アウトドアをするイメージで良いでしょう。

留学に必要な持ち物

  • 旅行用のミニザイズで

    タスマニア留学中に遠足や小旅行、キャンプに行くこともあります。シャンプー等は海外旅行用のコンパクト・サイズを留学開始に持って行き、その後の就学旅行やお泊りで使うように考えるといいです。日常生活の商品はオーストラリアにも売ってますので、10日分程度のサイズを購入しておけば後々も使えます。

  • どうしても日本製がいい

    私はオーストラリアの歯磨き粉の味が好きになれないです。日本で愛用していた『ザルツ(粒塩入り)』をタスマニアへ郵送してもらった事があります。個人個人で苦手なオーストラリア製品の物は違いますが、個人的にどうしても使う気になれない品が何かあるはずです。500円未満で買える日常生活の必需品を親御さんにリクエストすることがあるでしょう。『アレもコレもソレもドレも何でもかんでも全部送って!!早くう!(怒)』と言うのなら『もぉ~帰って来い!日本はいいぞ✩』とおっしゃって頂いても結構だと思います。どのご家庭も(こんなの送って欲しいって言うんですけど・・・)と、初年度の前半は何処にでもある日本の日常品を留学生が求めてるケースがあります。その後にぴたり・・と言わなくなるとソレはソレで心配にもなります。

    ところが・・・帰国した時には『欲しいものリスト』をちゃっかり握り締めていて、留学生は眼をキラキラさせてお買い物モードになるかもしれません。スーツケースもカラッポで帰国してきて、もうスッカリ大量買いするつもりだったりします(笑)。

    年月が過ぎるごとに、オーストラリアに順応していきますし、商品の質はどうでも良くなってくるようです。^^;

どんなスーツケースが良い?

  • \6,000~ から探せます

    スーツケースを選ぶには『安くて軽くて沢山荷物が入るけど壊れやすい。』又は、『高価で重くて荷物はそんなに入らないけど丈夫』このどちらかの選択になるでしょう。私は『安くて軽い派』です。

    飛行機で預けれるサイズ丁度の『Lサイズ』で留学の荷物を持って行くのが主流です。スーツケースの重さは5kg前後になるでしょう。預け入れ手荷物の重量制限を考えると、事実上は15kg~25kg程度の荷物しか入れれないです。スーツケースのお値段が良い程に頑丈で重いので、荷物はそれ程は入らなかったりします。

    私は右の商品のような\6,000の非常に軽いスーツケースを購入し、沢山入るので非常に重宝していました。しかし、3回目に割れてしまいましたです(笑)。海外旅行損害保険に入っていたので、新しい\6,000のスーツケースを無料で手に入れます。

    私は最初のスーツケースは20年使いました。^^ かなりの時代遅れになりましたが預け入れ手荷物で非常に目立ったので、鉛のように車が重たくてもそのまま使い続けてました。近頃のスーツケース強度は値段と比例しているようです。

  • 預け入れ手荷物(飛行機)の注意点

  • 20kg~30kgでパッキング

    各航空会社により、受諾手荷物(預け入れ手荷物)の重量とサイズ制限があります。スーツケースは航空会社の規定を参考にしてサイズを決めているので、Lサイズでしたら問題ないでしょう。念の為に極端に規定外になっていないか、スーツケースサイズの確認をお願いします。預け入れ手荷物はピッタリ収まってなくても数cm程度であれば預け入れ拒否はされません。受諾手荷物(預け入れ手荷物)の重量制限も各航空会社によって規定が違います。パッキングする前に重量制限を確認をしましょう。

航空便で応援物資(長期留学)

  • 開始準備が万全だと調子が良いです

    到着日1ケ月前には、初回の郵送物をご用意できているようにお願い致します。ホームスティですと2週間前までに住所の連絡が来ます。分かった段階ですぐに梱包物をSAL便で郵送すると良いでしょう。留学生が到着する頃にはホームスティ先に荷物があり、準備が万全の状態で過ごせます。2週間を過ぎてしまいましたら、留学生と相談して到着が少し遅れてもOKか、又は航空便で送る手配に切り替えましょう。

  • 2kgまでなら国際eパケットが安い

    「愛知→タスマニア」は2kgを\1,950で国際郵送でき、10日ぐらいで到着するようです。最初に大きな荷物でまとめて送り、ちょっとした物が欲しくなったら2kg以内で考えるよう留学生と相談しておくと無駄な出費が抑えられます。登録すると送り状ラベルが自宅で作成できるので、手早く郵送準備ができます。

    国際eパケット

パソコンは勉強に使います(長期留学)

  • Year11には必ず必要になります

    アサイメントやエッセイ(作文)の宿題が出ることが多くなります。持ち運びには小さなパソコンが良いですが、学習にフル活用していくとなるとモニターサイズが15.6インチあるとキーボードも打ちやすく学習しやすいです。留学が決まりましたら、パソコンに慣れるため早めに1台購入することをお薦めします。日本では\35,000ぐらいから購入ができますので、現地で買うよりも日本語のWindowsの利用をお薦めします。5年後の留学生にはきっと『タブレット』をお薦めするでしょうが、まだノートパソコンの時代です。ITが得意科目になるようでしたら、最先端を進むためにタブレットをお持ち頂いても良いでしょう。

     

iPhoneはSIM Freeを購入

  • 留学用にiPhoneを購入する際はSIM Freeを

    Line, Skype, Facebookが利用できる携帯、もしくはiPhoneを留学に持って行くのをお薦めします。

    現在は日本の携帯会社は他社で自由に使えないようにSIMカードをロックしています。2015年度5月販売より、ロック機能を無くすのが義務化されるので(参考資料)留学生にとっては非常に嬉しい改正です。徐々にiPhoneも留学生が便宜良く使えるようになるでしょうが、iPhoneもSIMフリーになるのは少し先のようです。購入した携帯会社の支店へ出向き、留学用に便利な契約を相談して下さい。

    又、iPhone5Cの中古ならSIMフリーで\35,000~手に入ります。日本とオーストラリアの両方で使えますので長期留学には便利でしょう。携帯契約は解約し、今後はオーストラリアと日本でWiFiでLINEやSkype、Facebookを利用、Yahoo, google, Microsoftの無料メールアドレスを利用していくことができます。

    留学生活に慣れてきたらSIMカードをタスマニアで購入して電話機能を立ち上げる事ができます。ホストファミリーからの連絡は、電話よりもメールや文章で送って下さった方が留学生は内容を確実に把握します。電話での英会話は直接合って話すより難しいですので、英語上達にあわせて現地で携帯電話を使うよになるでしょう。

    それなりに機能が高いとデジカメを持ってく必要もありませんし、1台で複数の機能がある携帯やiPhoneを持っていくことをお薦めします。電子辞書を別に購入しなくても、iPnoneのアプリで対応できます。目覚まし時計も計算機もiPhoneで。かなりの荷物を減らせますから購入のお薦めをしたいです。

  • Facebookのお友達

    留学すると『Facebookやってる?』とタスマニアの生徒が声をかけてくれます。気軽に教えてお友達になりましょう。tas21.COMの留学生は200人、300人のお友達や知り合いがFBにいるんです。外国の名前ってなかなか覚えにくいんです。Facebookで登録してくれると、名前と顔が一致しますので現地のお友達や知り合いが非常に作りやすいです。人間像も何となく分かりますし、留学生も相手に自己紹介ができます。人の名前を把握しやすいから『おはよう!ボブ✩』と名前で声をかけれるようになりますヨ。

高校留学に必要な物(長期留学)

  • 服は郵送で対応

    衣類のほとんどを郵送、その他の荷物をスーツケースで運ぶと分かりやすいです。又、旅行ポーチや収納ネット等に入れながら荷造りをすると良いでしょう。物は持って行っても、ホームスティ先で自分の部屋にそれらを全て整理整頓するケースがないと、非常に片付けにくいです。家に余ってるエコバック等に分けて荷造りすると、到着した時に楽です。

    常備薬 胃薬、頭痛薬、風邪用、目薬等
    その他医薬品 コンタクト用、日焼け止め、洗顔ソープ、リップクリーム、カイロ
    下着/肌着 東京で暮らすのと同じ数量と同じ物
    衣類 東京で住むのとほぼ同じ
    身だしなみ ポケットティッシュ、ハンカチ、デオドラント
    生活用品 洗濯ネット、スリッパ、裁縫道具、タオル類
    地球の歩き方
    学用品 筆箱一式、文具一式
    電化製品 ノートパソコン、携帯電話(iPhone)、変圧器
    お金等 銀行口座、Visaデビッドカード、A$500程度の現金、

日本から20kgをタスマニアに郵送すると?

早く着くのは高い

20kgはEMS\25,000、航空便\27,150、SAL便\19,550、船便\10,250。
10kgはEMS\14,000、航空便\17,650、SAL便\12,550、船便\6,750。
5kgはEMS\8,200、航空便\10,150、SAL便\7,300、船便\4,000。
郵便局情報

タスマニアの動物